太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

太陽光発電について

あなたの家の小さな発電所 太陽光発電

太陽光発電とは?

太陽光発電システムとは、簡単に言えば屋根に設置した太陽光発電パネルから太陽の光に反応し、電気を発電し家庭で使用して、余った電気を電力会社へ売るというシステムです。お客様の自宅は、小さな発電所となり太陽光という仕入れ価格ゼロ円の材料を仕入れて売るという事業を始めるといってもいいでしょう。
我々の住む地球の化石エネルギーも枯渇が危惧されている昨今です。今後の電気料金がどうなっていくのか、先行きが見えません。確かに、太陽光発電システムは、「タダでエネルギー源を仕入れ使用する」というシステム的にはとても理想的といえます。しかし、エコボルはそのメリットだけでのご購入をお勧めしません。太陽光発電システムは設置する場所によって発電量が変わることもあり、設置には様々な知識が必要とされるからです。
エコボルは、日本有数の設置件数を誇ります。太陽光発電システムについてより理解を深めて頂き、納得いただいた上でご購入して欲しいと考えております。設置のお悩みなどがございましたらお気軽にご相談下さい。
 

太陽光発電の仕組み

専門用語を使い詳しく説明すれば、いくらでも詳しく説明できますが、簡単に分かりやすく家族を例に説明します。
太陽光発電ファミリー
主役は頑張りお父さん!~太陽電池パネル~
太陽光発電の主役はなんと言っても「太陽電池パネル」一家の大黒柱のお父さんです。日中はバリバリ働いて夜はゆっくり休む。太陽光発電というのだから太陽の光がないとまったく夜は機能しませんが、曇りの日でも、雨の日でも多少は発電します。
一般的に普及している太陽電池パネルは、半導体という材料でできています。光=熱ではありません。半導体の性質上表面温度が25度を超えると効率が下がり始めます。だから、熱ければよく発電するという訳ではありません。ただし、夏は日中の時間が長いので発電時間が長くなり、トータルとしての発電量には問題はありません。屋根の環境、地域の気候などで発電量が変わりますので導入前は必ず発電シミュレーションをしてください。

調整役のやさしいお母さん~パワーコンディショナー~
ばりばり働くお父さんだけでは家庭はうまくいきません。お父さんをしっかりサポートするのがお母さんの役目です。太陽電池パネルで発電された電気は、直流電気と言ってそのままでは家庭では使用できません。パワーコンディショナーは、電気を直流から使用可能な交流に変換する役割を果たします。
渋いおじいちゃんは縁の下の力持ち~架台~
太陽光電池と屋根を接合するのが「架台」。地味だが、実は大変大切な役割を果たしています。
普通、屋根に物を載せるということは大工さんも嫌がります。何かを載せれば屋根に負担が掛かるだけでなく、風の影響も受けやすくなるし、きちんと処理しないと将来雨漏りの心配も出てきます。太陽光システムは20~30年屋根の上に設置するものだから、架台の役割は大変重要です。

しっかり者のおばあちゃん~売電メーター~しっかり者のおばあちゃん~売電メーター~
太陽光発電を設置すると電力会社との連系が行われ、どれだけ電気を売ったかが一目で分かるように「売電メーター」が取り付けられます。
子は夫婦をつなぐかすがい~接続箱、ケーブル、表示モニター~
夫婦といえど赤の他人。それをつなぐのが子供の存在です。
太陽電池パネルで発電された電気はケーブルを通り接続箱で一本のケーブルにまとめられてパワーコンディショナーへ送られます。つまり、お父さんとお母さんをつなぐ役割となるわけです。子供は、家族みんなにいろいろな事をおしゃべりします。そんな存在が「表示モニター」。表示モニターは、どれだけ発電したかを教えてくれます。

 

注意!太陽光発電の落とし穴「8項目のチェック」

では、実際の購入の際、注意する点は何でしょう?
お客様の希望をきちんと聞いてくれる
訪問販売のセールスが主流の時代が続いたため「太陽光発電システム」は、説得して販売するものという考えが主流となっている傾向があります。当たり前ではありますが、本来は業者が正しい情報を提供し、お客様の考え方を反映させたプランを作成し、両者の意見交換の中から、納得の上で設置するものです。また、そうしなければ効率のよいシステムはできません。一方的に話を進める担当者であるかお客様の話をよく聞く担当者であるかの見極めがとても大切です。
 
設計図面をきちんと作ってくれる
太陽光発電は、設置目的や家族構成やライフスタイル、家族の将来像、自然条件、周囲の環境、お客様のお宅の状況、屋根の状態、屋根材の種類等々、もちろんご予算も含めて様々な条件に合わせて、その都度一つ一つプランニングするしかない完全なオーダーメードのシステムです。ですから、設計図を綿密に練る必要があります。設計図も作らずに正しい見積もりや発電シミュレーションもできないというのが「エコボル」の考え方です。契約をしてから設計図を作るという業者もいますがこれは本末転倒です。お客様のイメージとできあがりが違うという結果になりかねません。
 
見積もり内容を説明してくれる
見積書の内容を細かくチェックしましょう。明細の書き方によって業者の誠意が分かるといってもよいと思います。一行で「太陽光発電工事一式○○円」で済ますしている見積もりなどは、言語道断です。見積もりには、どんな品質の材料をどれだけ、設置は、ただ屋根にパネルを載せるだけでなく屋根にアンカーを埋め込んだり、配線を行ったりする様々な作業が発生します。作業に関しては業者は必ず説明責任があるのです。実際の作業時に説明することは当然ですが、見積もり書の詳細を説明しない業者に果たしてそれができるでしょうか?
 
シュミレーションを作成してくれる
シュミレーションについては、全てを鵜呑みにする事は危険ですが、導入の検討の際には役に立つ資料となります。きちんとシュミレーションを出してくれるかを信用できるかどうかのバロメーターにしてもよいと思います。
 
近隣の設置者の発電データを見せてくれる
近隣でどのくらい発電をしているのかを見せてもらう事はとても重要です。シュミレーション資料と照らし合わせてメリットがでるのかを確かめるためにとても参考になるからです。その際の注意点について、必ず「設置の条件」「料金プラン」などを確認する事が必要です。きちんとデータが出てくるということは、設置後のアフターフォローをしているという考え方にも繋がりますので、信頼できる材料となるでしょう。データがない、見せてくれないという場合は、「データに関して無関心」「売りっぱなしでアフターフォローがない」「近隣での実績がない」という事も考えられますので注意が必要です。
 
設置したお客様の声を聞かせてくれる
設置を検討する際に一番の参考になるのは何といっても実際に設置した人の声です。直接聞くことができればベストであると思います。もしこのようなセッティングをしてくれる業者ならば設置後のお客様とのコミニュケーションも良好である証拠にもなるでしょう。その際に次のような質問をしてみることをオススメします。

  • 太陽光発電システムを設置したきっかけは?
  • 何がポイントで設置を決めましたか?
  • 設置して満足してますか?

 
契約はお客様の都合に合わせてくれる
「モニター価格は今だけ」「チャンスは今日だけ」などという理由で契約を急がせる業者がいます。その際は、冷静に考えて判断する事をオススメします。太陽光発電システム導入は、きちんとした納得した上で行う必要があり、見積もりやプランなど様々なステップがあり導入までに時間が掛かっても特段めずらしい事ではありません。「補助金の申し込みの期限がせまっている」という事で契約をせかす場合もありますが、この場合はご自身で内容を調べる事もできますのでお調べする事をオススメします。
 
設置の実績、経験が十分にある
実績が十分にあるかどうかは必ず必要です。設置に関しては屋根の専門知識がかなり重要となります。なぜなら日本の家屋の屋根は千差万別で一つとして同じ屋根はないといっても過言ではありません。メーカーは施工研修を行いメーカーに合った施工方法を教育しています。業者がお客様が採用するメーカーの施工研修を受けているかは最低条件となります。経験豊富な業者を選定する事が基本といえますし、施工実績を尋ねてみる事もおすすめします。

  • 産業用HP
  • オール電化JP
  • エコめがね
  • ソーラーパネル&パワコンの卸屋さん
  • Lovesolartv
  • ソーラー発電と電池のお店
お得なメルマガ配信
  • エコボルのこだわり
  • 太陽光発電について
  • オール電化について
  • REC太陽光モジュール
  • SUSK(サスケ)
業者のみなさまへ
  • 日本PVプランナー育成協会

前のページに戻る