太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

太陽光発電システムの補助金、2011年3月まで延長される見通し

平成22年11月26日、参議院で補正予算が否決されたが、
予算に関する衆院の優越の規定に基づき、補正予算が成立しました。

これにより、国の太陽光発電システムに対する補助金の受付終了日が、
当初の2010年12月24日から2011年3月まで延長される見込みとなりました。

今年度の本予算は、401億円(うち事務経費15億円)
1件当たりのシステム出力を3.9kWとすると、
約14万件に設置可能な金額になりますが、
これに補正予算145億円(約5万件分)が追加され、
合計すると、約19万件に設置可能な金額となります。

詳細については、11月30日正午現在、
JPECにも、具体的な情報はまだ何も届いていませんでしたが、
「急がないと予算消化により補助金が貰えなくなる」とか、
「何が何でも、平成23年1月末日までに連系完了しないと
補助金が貰えなくなる」ということはないようです。

昨年度の様に、本予算分と補正予算分とでは
手続き等が異なることも予想されますので、注意が必要です。

http://taiyoseikatsu.com/news/201011/tn201011-01.html

今後の情報にご注意ください。

その他の記事を見る

前のページに戻る