太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

リチウムを超えるナトリウム2次電池、住友電工が開発

皆様に有用な太陽光発電業界情報を皆様にお知らせします。

情報参照元:EE TIMES Japan(http://www.eetimes.jp)
【リチウムを超えるナトリウム2次電池、住友電工が開発】

住友電気工業は2011年3月4日、Na(ナトリウム)化合物を用いた2次電池を開発したと発表した。
資源が豊富なNaを利用しているため、材料コストの低減に向く。

 太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源と接続して中規模電力網内で電力を蓄える用途や、家庭での定置用途、電池を加熱するスケジュールが立てやすいバスやタクシーなどの車載用途を想定している。

 2015年の製品化を予定しており、電池のコストとして、2万円/kWhが視野に入りつつあるという。なお、電気自動車用のリチウムイオン2次電池のコストは10万円/kWh*1である。

 開発した2次電池の体積エネルギー密度は290Wh/Lと高い。これはリチウムイオン2次電池の体積エネルギー密度200Wh/Lを超えている。サイクル寿命は500回。単セルを複数接続した組み電池を使った試験を2010年末にすでに開始している。容量9kWhの組み電池4台を同社の大阪製作所所内の電力系統に接続した構内試験である。9kWhは一戸建て4人家族1日分に相当する電力であるという。

実際の記事は、こちらのサイトでご覧になれます⇒リチウムを超えるナトリウム2次電池、住友電工が開発

その他の記事を見る

前のページに戻る