太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

三洋電機、島根県雲南市内の全小中学校28校に太陽光発電を納入

皆様に有用な太陽光発電業界情報を皆様にお知らせします。

情報参照元:ECO JAPAN(http://eco.nikkeibp.co.jp)
【三洋電機、島根県雲南市内の全小中学校28校に太陽光発電を納入】

三洋電機は、島根県雲南市の市内すべての市立小中学校計28校に太陽光発電システムを納入した。市内全小中学校への太陽光発電の設置は同県で初めてとなり、全国的にも珍しい取り組みだという。発電規模は、全校合わせて約700kW。太陽光発電での発電量が確認できるモニターもあり、同市はCO2削減やエネルギーに関する環境学習に役立てる。

 28校は小学校21校、中学校が7校。納入したのは、量産型の住宅用太陽光発電システムで最高水準の変換効率を持つ三洋電機独自の「HIT太陽電池」で、 一般的な住宅7軒分の太陽電池を各校に設置し、校内で使う照明やエアコンなどの電力の一部に活用する。年間発電電力量は計64万kWhとなり、年間のCO2排出削減量は207tと推定している。

 発電した電力量は校舎内のモニターに表示し、毎日の発電量が確認できる。同市は、太陽発電システムを活用し、自然エネルギーによる環境負荷低減について教える環境教育を実施していく。市の環境基本計画では、学校でのCO2削減の数値目標を2%に設定しているが、今回の太陽光発電の導入で目標を達成する。

 文部科学省の「安全・安心な学校づくり交付金」制度を活用して太陽光発電システムを設置した。文部科学省などは環境配慮型の学校施設を整備する「エコスクール」政策を推進。三洋電機は同市の全小中学校への納入を弾みに、学校・公共施設などでのHIT太陽電池の普及を目指す。

実際の記事は、こちらのサイトでご覧になれます
三洋電機、島根県雲南市内の全小中学校28校に太陽光発電を納入

その他の記事を見る

前のページに戻る