太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

パナソニック、大震災被災地にソーラーパネルと蓄電池を備える電力供給機器を提供

皆様に有用な太陽光発電業界情報を皆様にお知らせします。

情報参照元:ECOOL.JP(http://www.ecool.jp)
【パナソニック、大震災被災地にソーラーパネルと蓄電池を備える電力供給機器を提供】

パナソニックグループは、東日本大震災の被災地に、ソーラーパネルと蓄電池を備える電力供給機器「ライフイノベーションコンテナ」を追加支援として提供する。宮城県南三陸町の施設、ベイサイドアリーナ内にある宮城県災害対策本部に設置される予定になっている。

 ライフイノベーションコンテナは、屋根に太陽光発電システムを取り付け、コンテナ内部に蓄電池と電力制御装置を搭載している。被災地で通信機器などへの電力供給用途に利用できる。途上国の無電化地域向けに、学校教育や診療所などでの活用を想定して開発した。

 同グループは地震発生後、3億円の義援金とラジオ1万台、懐中電灯1万個、乾電池50万個の救援物資を送っているほか、グループの三洋電機のソーラーランタン4000個を寄付した。ソーラーランタンは、太陽電池で発電した電力で充電池を充電して点灯する仕組みで、ライフイノベーションコンテナも同様に太陽光発電を活用する。

 パナソニックは、青森、岩手、宮城、福島、茨城県を対象エリアに、地震や津波の被害を受けた自社製品の点検、修理に関し、専用の相談窓口を設けて対応している。災害救助法対象地で震災の影響を受けた個人所有のテレビ、パソコン、家電商品の特別価格での修理も実施しているパナソニックグループは、東日本大震災の被災地に、ソーラーパネルと蓄電池を備える電力供給機器「ライフイノベーションコンテナ」を追加支援として提供する。宮城県南三陸町の施設、ベイサイドアリーナ内にある宮城県災害対策本部に設置される予定になっている。

 ライフイノベーションコンテナは、屋根に太陽光発電システムを取り付け、コンテナ内部に蓄電池と電力制御装置を搭載している。被災地で通信機器などへの電力供給用途に利用できる。途上国の無電化地域向けに、学校教育や診療所などでの活用を想定して開発した。

 同グループは地震発生後、3億円の義援金とラジオ1万台、懐中電灯1万個、乾電池50万個の救援物資を送っているほか、グループの三洋電機のソーラーランタン4000個を寄付した。ソーラーランタンは、太陽電池で発電した電力で充電池を充電して点灯する仕組みで、ライフイノベーションコンテナも同様に太陽光発電を活用する。

 パナソニックは、青森、岩手、宮城、福島、茨城県を対象エリアに、地震や津波の被害を受けた自社製品の点検、修理に関し、専用の相談窓口を設けて対応している。災害救助法対象地で震災の影響を受けた個人所有のテレビ、パソコン、家電商品の特別価格での修理も実施している。


実際の記事は、こちらのサイトでご覧になれます
パナソニック、大震災被災地にソーラーパネルと蓄電池を備える電力供給機器を提供

その他の記事を見る

前のページに戻る