太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

ミサワホーム、家庭の太陽光発電によるCO2排出削減量で国内排出枠の認証を取得

皆様に有用な太陽光発電業界情報を皆様にお知らせします。

情報参照元:ECOOL.JP(http://www.ecool.jp)
【ミサワホーム、家庭の太陽光発電によるCO2排出削減量で国内排出枠の認証を取得】

ミサワホームが運営する同社の住宅オーナーの団体「ECOになる家の会」が、家庭の太陽光発電によるCO2排出削減で初めて、国内排出枠の認証を取得した。認証分の全量をミサワホームが買い取り、ECOになる家の会は、南極の環境観測活動への支援を目的に南極・昭和基地の活動を管轄する国立極地研究所に、収益を寄付した。

 ECOになる家の会は、家庭の太陽光発電でのCO2排出削減効果を生かす仕組みとして2009年に発足した。太陽光発電システムを搭載したミサワホームの住宅所有者が会員となり、年度末に太陽光発電システムによる総発電量・売電量をミサワホームの事務局に報告。事務局がCO2排出削減量を算出して取りまとめ、申請して審査を受ける。

 今回、2010年3月末までに入会した太陽光発電住宅10組分、計5tのCO2国内排出枠に関して「国内クレジット認証委員会」から3月23日付で認証された。従来は評価されなかった一般家庭のCO2排出削減の取り組みが、認証によって排出枠という具体的なかたちで示されたことに大きな意義がある、とミサワホームは強調している。

 排出枠全量をミサワホームが買い取ることでECOになる家の会が得る収益は、環境・社会貢献活動に活用していく。ミサワホームは、太陽光発電に加え、事業承認を取得している高効率自然冷媒ヒートポンプ給湯器「エコキュート」や、家庭用燃料電池「エネファーム」でのCO2排出量削減も、ECOになる家の会の事業範囲にして活動を促進。2013年3月末までに国内排出枠の累積2800tを目指す。


実際の記事は、こちらのサイトでご覧になれます
ミサワホーム、家庭の太陽光発電によるCO2排出削減量で国内排出枠の認証を取得

その他の記事を見る

前のページに戻る