太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

パナホーム、高い断熱性や太陽光発電など環境性能を高めた賃貸住宅を発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報を皆様にお知らせします。

情報参照元:ECOOL.JP(http://www.ecool.jp)
【パナホーム、高い断熱性や太陽光発電など環境性能を高めた賃貸住宅を発売】

 パナホームは、高い断熱性のある外壁や太陽光発電システムを採用し、環境性能を高めた賃貸住宅「エルメゾン フィカーサ」を4月1日に発売。付加価値のある住宅として環境に配慮した生活を入居者に提供する。厚さ216.5mmの外壁を採用して十分な断熱材や通気層を確保し、次世代省エネ基準を標準仕様でクリアした。

 断熱性能によって冬暖かく、夏涼しい快適な居住性を実現し、光熱費の節約につなげる。外壁は結露による断熱材や外装材の劣化を防ぎ、遮音性も向上させた。太陽光発電システムで発電した電気は、各住戸に送電して入居者が利用でき、電力会社への余剰電力の売電も可能になる。CO2の排出量を年間約8%削減するとともに、光熱費を年間約7%節減する。

 家賃相場の下落が続く中での賃貸住宅経営は、物件の付加価値によって競争力を保ち、収益性を高めていくことがポイントになる。パナホームは、環境に配慮した省エネな暮らしの提案が、賃貸住宅の入居者から選ばれる大きな要素になると判断し、環境性能を特長にしたエルメゾン フィカーサを投入することにした。

 オーナーは、エルメゾン フィカーサで他と差別化した賃貸住宅の経営が可能になる。太陽光発電システムの設置に補助金が出る自治体もあり、初期投資を抑制できる利点もある。モデルプラン参考価格で、3.3m2あたり42万円台から。北海道、沖縄、多雪地域を除く全国で販売し、初年度に960棟の販売を目標にしている。


実際の記事は、こちらのサイトでご覧になれます
パナホーム、高い断熱性や太陽光発電など環境性能を高めた賃貸住宅を発売

その他の記事を見る

前のページに戻る