[京都大学]太陽エネルギーを駆動力として二酸化炭素を取り込む新手法を開発-二酸化炭素の資源化に期待- 太陽光発電・オール電化の施工業者ポータルサイトエコボル

太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

[京都大学]太陽エネルギーを駆動力として二酸化炭素を取り込む新手法を開発-二酸化炭素の資源化に期待-

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

京都大学は、太陽光のエネルギーを駆動力として、CO2を基本的な有機化合物であるアミノケトンに取り込み、カーボネート(環状炭酸エステル)を合成する新手法を開発したと発表した。

本成果は、太陽光を駆動力として有機化合物にCO2を取り込むための基礎的な方法論を提案・実証したもので、研究チームは太陽エネルギーを取り込む反応と、CO2を取り込む反応を連続的に行うことを提唱した。

まず、太陽光を原料に照射し、高エネルギー化合物へと変換。(この変換反応は光エネルギーを化学エネルギーに変え、高エネルギー化合物に蓄積する過程となる)続いて、そのエネルギーを駆動力として高エネルギー化合物にCO2を取り込む。
合成されたカーボネートは医薬品の原料や燃料添加剤としての用途が見込まれ、この方法論をさらに押し進めることで、CO2を炭素資源として活用することができるようになるものと期待される。

二酸化炭素の資源化に向けて、二酸化炭素の還元過程を含む分子変換が求められ、本研究では二酸化炭素を取り込むことに成功しているが、二酸化炭素の酸化状態は変化していないため、今後は還元過程を含む反応の開発に取り組む予定。

情報参照元:京都大学(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2012/121119_1.htm)

その他の記事を見る

前のページに戻る