太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

オリックスと九電工、鹿児島県の空港跡地にメガソーラーを設置 全国初の取組み

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

オリックスと九電工は11月27日に戦略パートナーとして九州地区で大規模太陽光発電(メガソーラー)の共同事業を開始すると発表した。

第一号案件として、枕崎空港(鹿児島県枕崎市)の跡地に最大出力8,557kW規模のメガソーラー発電所を設置する。
なお、空港跡地を活用したメガソーラー発電事業は同案件が全国初の取り組みとなる。

オリックスと九電工は2011年11月、九州地区での両社の一層の事業拡大を目的に戦略的パートナーとして協業を推進することで合意するとともに、2012年1月に九電工の100%出資子会社であった株式会社キューコーリースの株式を90%オリックスが取得し、共同事業を開始。

相互の営業基盤やオリックスが持つ金融サービスノウハウと九電工が有する技術力などの融合を図り、特に環境エネルギー関連事業において強固なパートナーシップ関係を構築してきた。そして今回、メガソーラー事業においても共同で事業を推進することで九州全域での事業拡大を目指す。

今回、枕崎空港跡地のメガソーラー発電所の事業者として選定されたオリックスと九電工は、同発電所の年間予想発電量を986万kWhと見込んでいる。これは一般家庭約2,740世帯分の年間消費電力に相当する。運転開始時期は2014年3月の予定。

情報参照元:財経新聞

その他の記事を見る

前のページに戻る