太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

世界の集光太陽光発電の設置容量は2020年に3.9GWに達する見込み

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

株式会社グローバル インフォメーションは、SNE Researchが発行した報告書「CPV (Concentrated Photovoltaics) Technology and Market Forecast (2009~2020) (集光型太陽光発電技術・市場の予測)」の販売を開始した。

当レポートによると、現在、集光型太陽光発電市場は急速な成長を維持し、2009年に3.5MWだった設置容量が、2012年は505MWになるとみられており、更に2020年には3.9GWに達すると予測さている。太陽電池全体でみると今後は集光型太陽光発電や薄膜太陽電池のシェアが結晶太陽光電池のシェアと比較して増加すると予測される。

集光型太陽光発電技術は、主にヒ化ガリウムやインジウムガリウムリンといったIII-V族半導体の太陽電池が使用されている。これらは既存の太陽電池よりも光吸収効率が高く、またその共有結合により素晴らしい性能を発揮し、ヒ化ガリウムは化合物半導体として過酷な環境に耐える事が出来る事が実証され、半導体レーザーといった太陽光発電よりも複雑な構造を必要とする分野でも使用されている。

情報参照元:グローバルインフォメーション

その他の記事を見る

前のページに戻る