太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

世界有数の鶴の越冬地で環境調和型のメガソーラーが稼働開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

ソーラーフロンティア株式会社は、11月30日よりCIS薄膜太陽電池モジュール約6,700枚を供給した大規模太陽光発電所(メガソーラー)「下水流(しもずる)発電所」の稼働を開始した。

今回メガソーラーが建設された鹿児島県出水市下水流の周辺地域は、毎年10月半ばごろになると一万羽のナベヅルやマナヅルなどがシベリア地方から渡来する土地としても有名で、環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれている、メガソーラーの建設地としては非常に珍しい事例となっている。開所式には、渋谷俊彦出水市長や堀口文治鹿児島県県会議員、ソーラーフロンティアの代理店販売部長らが出席した。

下水流発電所は、現時点で鹿児島県最大級となる1メガワットの設置容量であり、2万平方メートルの敷地に約6,700枚のソーラーフロンティア製CIS薄膜太陽電池モジュールが設置されている。

今回のメガソーラー建設には、複数の地元の有志が出資する合弁会社「出水ソーラー事業株式会社」が発電事業者となり、2012年7月から建設を進めてきた。年間想定発電量は約122万キロワットで、発電した電力はすべて九州電力に売電される。

ソーラーフロンティアの取締役常務執行役員である平野敦彦は「日本を象徴する鶴の越冬地に当社のパネルが選ばれたということは大変喜ばしい。当社のCIS薄膜太陽電池モジュールが周辺環境や景観に調和していると思う。当社のCIS薄膜太陽電池モジュールを使ったメガソーラーが少しでも地域社会の活性化に貢献できれば嬉しい」と述べている。

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池は、カドミウムなどを含んでおらず、製造時の原料や電力使用が少ないため、環境に優しく、また2007年にはグッドデザイン賞を受賞するなど、景観との調和にも優れている。また、複数の実証実験で高い実発電量を記録するなど、発電性能にも秀でている。

情報参照元:ソーラーフロンティア株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る