太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

「三井のリパーク」ハイブリッドソーラーシステムを導入した中部圏初のECO駐車場を開設

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

三井不動産リアルティ株式会社(本社:東京都千代田区)は、「三井のリパーク」名古屋駅前駐車場を4月8日(月)に開設したことを発表。

今回開設した「三井のリパーク」名古屋駅前駐車場は、38台の駐車が可能で24時間無人のコイン駐車場です。

本駐車場には、ハイブリッドソーラーシステムを導入し、場内看板・照明に使用する電力を太陽光発電で最大100%供給することを実現しました。

ハイブリッドソーラーシステムとは、通常の太陽光のみで発電する太陽光発電に加え、太陽熱を取り込むことで、給湯や床暖房等へ利用することができるシステムです。

このハイブリッドソーラーシステムの他、消費電力を大幅に削減できる場内全照明へのLEDの採用等、環境への負荷を軽減する設備を備えた環境配慮型ECO駐車場となり、「三井のリパーク」として中部圏では初めての取り組みとなります。

「三井のリパーク」名古屋駅前駐車場は、日照時に8枚のソ-ラーパネルで発電を行ない、蓄電された電力で日没後の看板・照明機器を点灯させるシステムです。

最大で日に約5,544W発電することができ、場内の看板・照明機器の消費電力量を最大100%供給することが可能で、年間で約949kgのCO2排出量の削減を見込んでいます。

三井不動産リアルティは、今後も環境に配慮した取り組みを積極的に展開し、安心で快適なまちづくりに貢献していくとのこと。

情報参照元:日経プレスリリース

その他の記事を見る

前のページに戻る