太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

大和ハウス工業 スマートハウス第二弾「スマ・エコ オリジナル II」発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

大和ハウス工業(大阪市)は、2013年4月1日より、大容量の家庭用リチウムイオン蓄電池、人に代わって住宅のエネルギー管理などを支援する次世代型HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)、太陽光発電システムを、搭載したスマートハウスの第2弾「スマ・エコ オリジナルII」を発売しました。

同社は、2010年7月、生活の質を向上させながら、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(CO2排出量をゼロ、光熱費をゼロ)となるエネルギー自給住宅に進化させるためのプロジェクト「Smart xevo Eco Project(スマート・ジーヴォ・エコ・プロジェクト)」をスタート。
その第一ステップとして、2010年7月に国内初となる家庭用リチウムイオン蓄電池を搭載した住宅展示場「SMA×Eco HOUSE(スマ・エコハウス)」での実証実験を開始。
第二ステップとして、2011年10月より、スマートハウスの第一弾となる、戸建住宅「xevo」に2.5kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池、独自開発の「D-HEMS」、太陽光発電システムを組み合わせた「スマ・エコオリジナル」を販売してきました。

そして今回、スマートハウス第二弾として、6.2kWhの家庭用リチウムイオン蓄電池と、業界初となる蓄電池とエアコンの自動制御が可能な次世代型HEMS「D-HEMS II(ディー・ヘムスツー)」、太陽光発電システムを組み合わせた「スマ・エコ オリジナル Ⅱ」を開始。
また、最長で24時間の停電にも対応可能であるとのこと。

今回の取組について大和ハウス工業は、「今後当社は、HEMSにより制御できる家電・設備機器などを広げ、エネルギーの最適利用を進めていきます。また、家庭内の家電・設備機器の情報を活用した周辺サービスの提案など、スマートハウスの可能性を広げていく予定です。」とコメント。

情報参照元:大和ハウス工業株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る