太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

NTTドコモ 5種類の電源に対応したHEMSを開発

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)は一般社団法人仙台グリーン・コミュニティ推進協議会からの委託により、太陽光発電や電気自動車の蓄電池など5種類の電源に対応し、停電時にも電力供給をすることが可能なHEMSを開発したと発表。

HEMSとは、家庭用エネルギー管理システムのことで、センサーやITの技術を活用した、住宅のエネルギー管理、「省エネ」を行うシステムである。
今回開発されたHEMSは、電力会社から購入する電力の他、太陽光発電や定置型リチウムイオン蓄電池、家庭用燃料電池(エネファーム)の電力だけではなく、電気自動車の蓄電池の電力を家庭電力として利用できる、5種類の電源に対応している。
今後年内には、日産自動車株式会社のグローバルデータセンターとドコモのHEMSクラウドを連携し、電気自動車の使われ方や蓄電池の充電状態などの情報を取得し活用することで、電気自動車の効率的な充放電制御を自動で行うV2Hを実現するシステムの構築を目指している。
これにより自動車として利用するだけでなく、蓄電池として効率的利用も両立できるようになり、家とクルマのエネルギーマネジメントの最適化が可能になるとのこと。

今回開発されたHEMSは、総務省の被災地域情報化推進事業として仙台市が実施している「平成24年度仙台市エコモデルタウンプロジェクト推進事業(田子西地区)」において、仙台市田子西地区に建設したスマートハウス(16戸)に設置される。
このスマートハウスは2013年4月27日(土曜)から5月6日(月曜)までの期間、一般社団法人仙台グリーン・コミュニティ推進協議会が開催する住宅フェアにて展示を行い、イベント終了と共に建売住宅購入をお考えのお客様へ、各住宅会社から販売される。

また同社は、今回開発したHEMSをスマートハウス建設を手掛けられるハウスメーカー向けの商材として取り扱うことを検討しており、販売に向けた準備を進めていく方針であるとのこと。

情報参照元:NTTドコモ

その他の記事を見る

前のページに戻る