太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

株式会社LIXIL 住宅用太陽光発電システム「ソーラーラック」にタブレット型カラーモニターKタイプを発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

住まいと暮らしの総合住生活企業の株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、住宅用太陽光発電システム「ソーラーラック」用のモニターに、「タブレット型カラーモニターKタイプ」を追加し4月より発売を開始した。

「ソーラーラック」の太陽光パネルは、発電効率の高い“単結晶セル”を使用しており、最大出力250Wと発電能力が高い点が大きな特長。
また、効率よく家庭内で利用できる電気へ変換するパワーコンディショナ(3タイプ)の変換効率も上げることで、システム全体の発電効率を向上させ、豊富な取付バリエーションで様々な屋根に対応することが可能です。

今回発売された「タブレット型カラーモニターKタイプ」は、日々の電力情報を一目でチェックでき、画面は「ポップ」「シンプル」「全量買取」の三通りから選択可能。
「ポップ」は、何の表示か一目でわかるピクトグラムを採用し、発電量が視覚的なボリューム感の大小によって表示されるので、子どもや高齢者にもわかりやすいデザインとなっています。
「シンプル」は、単純なデザインで、飽きのこない永続的なデザインを目指したとのこと。
「全量買取」は発電量のみの表示が可能(設定切り替えも可能)。
また、画面の背景は、「背景無し」「空」「緑」「海」の4通りから選択できるほか、すべての画面が、色覚バリアフリー対応デザインを採用し、集合住宅や店舗用にはサイネージとして活用できるメッセージ表示機能も付いています。

「タブレット型カラーモニターKタイプ」には、パワーコンディショナ3台分までの発電量を統合表示することができるほか、発電量が前年比50%以下になるとメッセージ表示が出る「発電量簡易診断機能」や、「天候記録機能」などのお役立ち機能、さらに、発電量を見るとき以外は、お気に入りの写真を表示できる「フォトフレーム機能」を取り入れるなど、楽しい・見やすい・わかりやすい機能を取り入れています。

情報参照元:株式会社LIXIL

その他の記事を見る

前のページに戻る