太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

トヨタ自動車 とよたエコフルタウンに、電動モビリティシェアリングのステーション「スマートモビリティパーク」を設置

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

5月7日、トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、豊田市の低炭素社会モデル地区「とよたエコフルタウン」に、電動モビリティの充電ステーション「スマートモビリティパーク」を設置したと発表。

「スマートモビリティパーク」は、電動モビリティシェアリングの拠点であるとともに、太陽光発電機能と蓄電機能を備えており、系統電力への負担抑制に向けてエネルギーマネジメントを実施することが可能な充電ステーションである。

この充電ステーションは、2011年の東京モーターショーに出展した「トヨタスマートモビリティパーク」のコンセプトがベースとなっている。

また、今秋より稼働を予定している、公共交通の最寄駅と最終目的地の間の数キロ程度の近距離移動を想定した電動モビリティシェアリングサービス「Ha:mo RIDE(ハーモ・ライド)」の体験用として、超小型電気自動車(EV)「コムス」(トヨタ車体(株)製)3台と電動アシスト自転車「PAS」(ヤマハ発動機(株)製)5台を設置。ICカードを使った認証・開錠による車両の無人貸出や、「とよたエコフルタウン」内での「コムス」や「PAS」の試乗が可能となっている。

その他、太陽光発電機能と蓄電機能を備えており、太陽光発電による電力と系統電力を併用して、電動モビリティへの充電や、一般家電用電源コンセントを備えているため、非常時には、蓄電池に蓄えた電力を電化製品などに給電することも可能となっている。

今後は、地域エネルギーマネジメントシステム(EDMS)と連携し、豊田市のEDMS実証実験に参加する世帯の電力需給状況を踏まえて、ステーションの運営と地域系統電力への負担抑制を両立するエネルギーマネジメントの検証を実施予定。

トヨタは、2012年10月より、豊田市や交通事業者などとの連携により、都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」の実証運用を開始している。
豊田市内の中京大学および最寄駅計4ヵ所にステーションを設置し、公共交通の最寄駅と目的地の間の数キロ程度の近距離移動用として、「コムス」11台と「PAS」10台を使った電動モビリティシェアリングサービス「Ha:mo RIDE」を提供している。
今秋より、サービスエリアを豊田市中心部に拡げ、超小型EVと電動アシスト自転車各100台程度、ステーション約20ヵ所、会員約1,000名の規模に拡大し、有料サービスとする計画である。

情報参照元:トヨタ株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る