太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

札幌市 太陽光発電推進マッチング事業を開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

札幌市は5月22日に、民間施設への太陽光発電設備の導入加速化を目的として、「土地・屋根貸し」を希望する土地・屋根所有者と、「土地・屋根借り」を希望する発電事業者の募集を行い、太陽光発電設備の導入に向けた双方の主体的な協議を促進する「太陽光発電推進マッチング事業」の開始を発表した。

この事業は、市が「土地・屋根貸し」希望の遊休地及び施設と、「土地・屋根借り」希望事業者の登録情報を双方に情報提供することにより、当事者間の主体的な協議を促進することを目的としている。
「土地・屋根貸し」希望者及び施設と「土地・屋根借り」希望事業者との協議や契約は、当事者間で直接行うことになり、市は関与しない。
当事者間の協議では、誠実な対応を求めているが、登録された場合であっても、必ず事業を実施しなければならないというものではないとしている。

「土地・屋根貸し」希望者の登録要件として、概ね20年間継続して賃貸可能であることや札幌市内の民間遊休地・施設であること、日照条件がよいこと等をあげている。
また、土地の場合は更地で大掛りな整地作業を伴うような激しい起伏等がない土地であること、屋根の場合は太陽光パネルを設置できる1棟の屋根の面積が概ね200平方メートル以上で、傾斜屋根の場合は、北向きの面積は含まないこと等が要件だ。

「土地・屋根借り」希望者の登録要件は法人格を有し、「太陽光発電事業」実施する目的で、「土地・屋根借り」を希望し、「太陽光発電事業」を円滑に遂行できる安定的かつ健全な財政能力を有すること、税の滞納がないこと、暴力団員又は暴力団関係事業者でないことをあげている。
また、事業者の構成要件等は設けていないため、複数事業者、共同事業体等として登録することもできるが、その場合は、代表事業者を定めなければならない。

札幌市は登録情報について、原則ホームページに公表する。
「土地・屋根貸し」「土地・屋根借り」の希望者は、札幌市のホームページより申請書をダウンロードし、必要書類とともに電子メールに添付し、申請を行う事が出来るので、希望者は札幌市のホームページで詳細を確認してみてはどうだろうか?

情報参照元:札幌市

その他の記事を見る

前のページに戻る