太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

日立アドバンストデジタル 太陽光発電パネル単位の故障を検知する「太陽光発電パネル監視システム」を発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

株式会社日立アドバンストデジタル(以下日立アドバンストデジタル)は、太陽光発電パネル単位で故障を検知する「太陽光発電パネル監視システム」を開発し、2013年6月3日から販売を開始した。

現在の主流であるストリング(太陽光発電パネルを複数枚並べて直列接続したものの呼称)単位の監視システムでは、ストリング全体の発電量に比べてパネル1枚故障時の発電量低下が軽微であるため、パネル故障検知が困難だった。
今回発売する「太陽光発電パネル監視システム」は、太陽光発電システムで使用されている個々のパネルの発電情報を収集することで故障を検知し、正確かつ遠隔で故障パネルを特定できる。
また、遠隔監視により不良パネルを特定ができるため、現地で不良パネル特定作業は不要になる。

「太陽光発電パネル監視システム」では故障診断ソフトウェアにより、パネル単位に注意表示および警告表示を行うため、パネル交換などのメンテナンス作業を計画的・効率的に運用できる。
このソフトウェアは、日立アドバンストデジタルが独自開発した故障診断アルゴリズムで、環境的な要因(日陰など)を除外する処理を行うので、誤検出無く診断することが可能だ。
なお、オプションでお客さまに代わってパネル故障を監視するサービスも用意している。

日立アドバンストデジタルは、今回開発したシステムを太陽光発電事業者、太陽光発電システム運用保守事業者、太陽光発電システム設計事業者などに販売を展開してく方針だ。

情報参照元:株式会社日立アドバンストデジタル

その他の記事を見る

前のページに戻る