太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

三菱電機 高出力のパワーコンディショナを7月30日に新発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

三菱電機株式会社(以下三菱電機)は、国内住宅用太陽光発電システム向けパワーコンディショナの新商品として、建物の外壁など屋外にも設置できる定格出力5.5kWタイプのものを7月30日に発売する。
高出力の5.5kWタイプの追加で、全量買い取り制度の対象となる10KW以上の太陽光発電システムへの対応を強化する方針だ。

高出力の5.5kWタイプのパワーコンディショナを大容量の太陽光発電システムに使えば、従来機種よりも必要台数の削減につながり、導入費用を低減することができる。
横幅は4.0kWタイプのものと同一となっており、複数台組み合わせて設置する場合でも、外壁の外観を損なわないすっきりとした設置が可能だ。

今回発売される製品は、三菱電機独自の「階調制御インバーター方式」が採用されている。
この方式は、電圧の異なる3つのインバーターを組み合せ、交流電力に近い擬似正弦波を直接作り出すことで、電力損失を少なくできるので、これにより電力変換効率96.0%を実現している。
この電力変換効率は屋外設置可能タイプでは業界トップクラスとなっている。

発電電力や運転状態は本体内蔵のLEDディスプレイに表示され、連携運転・停止・自立運転の切り替えスイッチも本体に内蔵している。
そのため、操作用のリモコンが不要で、リモコンの費用を削減できる。

なお、戸建住宅などで、屋内から運転状態や発電量を確認したり、連系運転・停止・自立運転を切り替えたいなどのニーズにも対応するため、別売のリモコンも用意されている。

情報参照元:三菱電機株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る