太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

シャープ スマートフォン、タブレット端末で発電状況を診断できる「PVアナライザ専用アプリケーション」を開発

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

シャープ株式会社(以下シャープ)子会社のシャープエンジニアリング株式会社(以下シャープエンジニアリング)は、スマートフォンやタブレット端末を活用し、お客様宅で住宅用太陽光発電システムの発電状況を診断できる「PVアナライザ専用アプリケーション」を開発したことを発表した。
スマートフォンやタブレット端末を使い、現地で太陽光発電の発電状況を診断できるアプリケーションは、業界で初めてとなっている。

住宅用太陽光発電システムの発電状況に対する従来の診断は、PVアナライザと日射計で測定し、事業所などに持ち帰って診断する方法が一般的であった。
シャープエンジニアリングが今回開発した「PVアナライザ専用アプリケーション」を使えば、日本カーネルシステム株式会社製のPVアナライザで測定した発電データをワイヤレスでスマートフォンなどに送信し、お客様宅で手軽に発電状況を診断できる。
発電状況から太陽光の照度を自動的に計算するので、日射計も不要だ。

また、今回開発したアプリケーションには、シャープ製太陽電池モジュールの仕様がデータ化されており、データを更新することで今後発売される新製品も診断できる。
さらに、スマートフォンなどに搭載されているGPSやカメラ機能を使って、現地の位置情報や写真を測定データとともに保存することも可能だ。
「PVアナライザ専用アプリケーション」は、8月初旬よりGoogle Playから無料でダウンロードができる。
対応機種については、シャープエンジニアリングのホームページで案内する予定となっている。

シャープは、今回開発した「PVアナライザ専用アプリケーション」をはじめ、インターネットを通じて太陽光発電システムを見守る「Webモニタリングサービス」や、太陽光発電システムの専門的な知識や技術を習得した「ソーラーテクニカルマイスター」により、迅速なアフターサービスを提供する方針だ。

情報参照元:シャープ株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る