太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

ミサワホーム 「Solar Max(ソーラーマックス)」シリーズを発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

ミサワホーム株式会社(以下ミサワホーム)は8月23日、太陽電池容量10kW以上の太陽光発電システム搭載の「Solar Max(ソーラーマックス)」シリーズを発売した。
「Solar Max」シリーズは木質系戸建住宅「GENIUS Solar Max」、木質系賃貸住宅「Belle Lead Solar Max」、鉄骨系戸建住宅「HYBRID Solar Max」の3商品で展開する。

「Solar Max」シリーズは、2階建て延床面積30坪台から10kW以上の太陽光発電システムを搭載できる自由設計の住宅で、太陽電池モジュールはミサワホームの設計寸法に合わせた東芝のオリジナル屋根建材型だ。
屋根材を兼ねた屋根建材型は、屋根材の上に太陽電池モジュールを搭載する据置き型に比べ、重量も軽く屋根への負担も軽減できる他、外観上も美しいデザインを実現することができる。
また、今回の製品は、従来より変換効率が向上した単結晶シリコン太陽電池モジュールを新規採用しているため、同社の従来製品に比べ、10kWの搭載に必要な屋根面積が約2割小さくなっているのも特徴だ。

太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、昇圧器、接続箱については無償で10 年間の保証が付与される。
別途、有償の保証制度に加入することによって保証期間を15 年間に延長できる他、モジュール出力については15年間または20年間の保証を付与することも可能だ。
出力保証は、公称最大出力の90%に対して10年目までは90%未満、11~15年目は85%未満、16~20 年目は80%未満になった場合に対象となる。

ミサワホームは今後も商品の充実や提案の強化によって再生可能エネルギーの普及を促進し、太陽光発電システムの搭載率60%を目指す方針だ。

情報参照元:ミサワホーム株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る