太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

パナソニック 全量買取対応のワイヤレスモニタと電力検出ユニットを9月20日より受注開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下エコソリューションズ社)は9月5日、太陽光発電の全量買取に対応する「ワイヤレスエネルギーモニタ(7型)」と「ワイヤレスエネルギーモニタ用電力検出ユニット(全量買取専用)」を9月20日より受注開始する旨を発表した。

2012年7月より、10kW以上の太陽光発電システムの設置を対象とした「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が始まり、全量買取方式に対応する太陽光発電システムへの需要が高まっている。
今回受注を開始する「ワイヤレスエネルギーモニタ(7型)」は、この需要に応え、余剰買取だけでなく、全量買取にも対応しているのが特徴だ。
「余剰買取モード」では、「つくる(太陽光発電)」、「買う(買電力)」、「使う(使用電力)」、「貯める(蓄電池)」、「売る(売電)」を表示するのに対して、「全量買取モード」では、「つくる(太陽光発電)」、「売る(売電)」だけを表示し、全量買取に必要な情報だけを分かりやすくシンプルに表示する作りとなっている。

また、エコソリューションズ社は、発電・売電状態などを計測してモニタにデータを送る「ワイヤレスエネルギーモニタ用電力検出ユニット」にも「全量買取」専用タイプを追加し、ラインアップを強化する。
「ワイヤレスエネルギーモニタ用電力検出ユニット」の最大計測容量は20kW。
住宅だけでなく、店舗併用住宅や小規模アパートなどでの全量買い取りを想定した計測容量となっている。

エコソリューションズ社、今回発売する製品により、顧客のニーズに合う電力買取方式に柔軟に対応し、太陽光発電システムの一層の普及拡大を図る方針だ。

情報参照元:パナソニック株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る