太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

LIXIL 、「立平固定金具」と「瓦棒 固定金具」を「ソーラーラック」オプションに追加

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

株式会社LIXIL(以下LIXIL)は、住宅用太陽光発電システム「ソーラーラック」のオプションとして、金属屋根に孔をあけずに施工できる、「立平 ( たてひら ) 固定金具」と「瓦棒 ( かわらぼう ) 固定金具」を10月1日からラインナップに追加することを発表した。

「ソーラーラック」は発電効率の高い“単結晶セル”太陽光パネルを使用している太陽光発電システムで、最大出力は250Wと発電能力が高い点が大きな特長だ。
また、効率よく家庭内で利用できる電気へ変換するパワーコンディショナ(3タイプ)の変換効率も上げることで、システム全体の発電効率を向上させている。

今回「ソーラーラック」のオプション商品として追加する「立平固定金具」と「瓦棒固定金具」は、それぞれ立平葺き、瓦棒葺き金属屋根に対応した固定金具だ。
金属製の板金屋根のハゼ部をつかんで「ソーラーラック」を固定し、板金屋根にビス孔をあけずに固定できる。

「立平固定金具」と「瓦棒固定金具」の追加により、「ソーラーラック」の施工による雨漏りの心配や既存の躯体に負荷を掛ける心配がない安心施工が可能だ。

また、垂直積雪量30cm以下の地域限定のオプション部材として、住宅用太陽光発電システム「ソーラーラック」用の「雪止め部材」を同時に追加する。
これにより、垂直積雪量30cm以下の地域で降雪があった際に落雪を緩和することができる。

LIXILでは、今後も高品質・高強度、優れた施工性とメンテナンス性の太陽光発電システムを提供し、ソーラー時代のニーズに応える方針だ。

情報参照元:株式会社LIXIL

その他の記事を見る

前のページに戻る