田淵電機 蓄電機能を備えたパワーコンディショナを開発 太陽光発電・オール電化の施工業者ポータルサイトエコボル

太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

田淵電機 蓄電機能を備えたパワーコンディショナを開発

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

田淵電機株式会社(以下田淵電機)は、太陽光発電システムに蓄電池の双方向DCDCコンバータを搭載し、1台で家庭内の電気の有効活用をコントロールできるハイブリッドパワーコンディショナ「アイビス」開発した旨を9月25日に発表した。

田淵電機は電子機器用変成器、電子機器用電源機器、各種電子機器、部品の製造、販売を事業として行っており、「お得意先第一主義」、「品質を誇る製品の生産で社会に奉仕する」ことを経営理念として掲げている。

田淵電機が今回開発したハイブリッドパワーコンディショナ「アイビス」は、太陽光発電用パワーコンディショナに蓄電機能を追加しており、太陽光入力は4.0kWと5.5kWの2種類がある。
搭載している蓄電池は国内メーカー製リチウムイオン電池モジュールで、容量は2.5kWh、5.0kWh、10.0kWhの3種類となっている。

「アイビス」には、経済性を重視する「ノーマルモード」、クリーンエネルギーの最大活用を行う「節エネモード」、災害対策を最優先にする「蓄電モード」のシチュエーションモードが搭載されており、自分のライフスタイルに合ったモードを選択することが可能だ。

同製品は10月1日に幕張メッセで開幕のシーテック2013にて展示、発表を行った。

田淵電機は、再生可能エネルギーの普及に欠かせない蓄電機能をどこよりも早く取り込んで、未来のエネルギー活用を提案していく方針だ。

情報参照元:田淵電機株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る