太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

新電元工業 100kWパワーコンディショナ「PVS100T200A-DN-SA-S」の受注受付開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

新電元工業株式会社(以下新電元工業)は10月17日、太陽光発電向けパワーコンディショナ(SOLGRIDシリーズ)のラインナップに「PVS100T200A-DN-SA-S」を追加し、受注受付を開始した旨を発表した。

新電元工業はパワー半導体、電源、電装製品の製造及び販売を主な事業内容としており、「社会と共に、顧客と共に、従業員と共に」を経営理念としている。

近年、パワーコンディショナの屋外設置案件が増加してるが、100kWクラスのパワーコンディショナは屋内型が主流であり、パワーコンディショナを別途用意した収納箱に納める必要があった。
この場合、初期投資がかさむことに加え、設置面積や管理工数の増加などに繋がることから、屋外型パワーコンディショナへのニーズが高まっていた。

新電元工業はこのニーズに対応するため、屋外設置が可能な100kWパワーコンディショナ「PVS100T200A-DN-SA-S」を開発した。
「PVS100T200A-DN-SA-S」はサイズが1,095×967×1,903mm、質量が1,300kg以下で、最大変換効率96.5%を実現を実現するとともに、防塵防水レベルIP45準拠し、遮光板を標準装備している。
また、同社製品の三相10kW、三相9.9kW、三相5kWと組み合わせることより、顧客の用途に合った並列運転もでき、最大30台まで対応が可能だ。

新電元工業は同製品を2014年2月リリース予定としている。

情報参照元:新電元工業株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る