太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

積水化学工業 「スマート・パワーステーション」シリーズを10月26日より発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(以下積水化学工業)は、「スマート・パワーステーション」シリーズを、10月26日より北海道、沖縄および 積雪地域を除く全国で発売する。

積水化学工業では2013年7月に、2020年までに政府が普及を目指す「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」のZEH補助金対応仕様(2013年度)を標準化した未来基準の家「ミライ・クラス」シリーズを発売するなど、省エネや創エネ性に優れた住宅供給に注力してきた。

今回発売する「スマート・パワーステーション」シリーズは、大容量の太陽光発電システム、コンサルティング型ホームエネルギーマネジメントシステム(以下、HEMS)「スマートハイム・ナビ」、定置型大容量リチウムイオン蓄電池「e-Pocket(イーポケット)」の進化によって、標準的な住宅規模でエネルギーの自給自足を目指すスマートハウスだ。
一歩先のステージを見据え、「創エネ」「省エネ」「蓄エネ」それぞれを進化させることで、家電(冷蔵庫、IHヒーター、テレビ等)を含んだ、実使用エネルギーベースでの「エネルギー収支ゼロ」をより身近なものにすることを目的としている。

同社の鉄骨系住宅「ハイムシリーズ」の主力商品は、フラットルーフであり、屋根全体に太陽光発電システムを搭載しやすく、これまでも大容量の太陽光発電システム設置が可能であったが、40坪程度の住宅規模で、太陽光発電システム6.8kW搭載(実邸平均:4.64kW)が最大であった。
「スマート・パワーステーション」シリーズでは、新たに開発した「PV一体型屋根」「ロング庇」により、住宅規模114平方メートル(約34.5坪)からでも太陽光発電システム10kWの搭載が可能だ。
木質系住宅「ツーユーホームシリーズ」でも、南面の屋根面積を増やす3.5寸片流れ屋根を開発し、こちらも住宅規模108平方メートル(約32.7坪)から太陽光発電システム10kW以上の搭載ができる。

また、鉄骨系住宅用の太陽光発電システムは、イニシャルコストでメリットもある非シリコン薄膜系モジュール「CIS太陽電池」を採用した。
現地での施工を最小化し、工場生産化率を高めることでコストダウンを実現するとともに、実発電量も高いため、入居後の光熱費削減効果も高く、ローン負担の軽減にも寄与する。

積水化学工業は、2013年度中に鉄骨系住宅250棟、木質系住宅50棟、2014年度中に鉄骨系住宅1,000棟、木質系住宅200棟をそれぞれ販売することを目標としている。

情報参照元:積水化学工業株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る