ノーリツ 12月24日に自社設計パワーコンディショナを発売 太陽光発電・オール電化の施工業者ポータルサイトエコボル

太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

ノーリツ 12月24日に自社設計パワーコンディショナを発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

11月1日に株式会社ノーリツ(以下ノーリツ)は、12月24日より太陽光発電システムで使用される屋内用パワーコンディショナPVPCシリーズの4.3kWタイプを発売し、3月より3.0kWタイプと5.8kWタイプを発売する予定であることを発表した。

ノーリツは給湯機器、温水暖房機器、ガスファンヒーター 、システムバス、システムキッチン、洗面化粧台、太陽光発電システム等の製造、販売を事業として行っており、「お湯と健康」「愛とやすらぎ」「豊かな暮らしをつくる」を企業理念としている。

今回ノーリツは、PVPCシリーズを初の自社設計でフルモデルチェンジすることで、同社製の給湯機器との連動性を向上させている。
これにより、停電時には、太陽光発電システムの自立運転機能で、給湯運転が可能となった。
また、パワーコンディショナ本体からリビングなどに電気配線工事をしておくことで、緊急時でもテレビ等の家電製品への給電や、携帯電話の充電なども行う事ができる。

PVPCシリーズは、戸建住宅だけでなく、全量買取制度で注目が集まる10kW以上50kW未満の集合住宅や事務所・店舗などへの対応も視野に入れ開発されており、最大10台までの連結ができるようになっている。

PVPCシリーズの4.3kWタイプの発売に合わせ、豊富なデータ表示で操作性を向上させたエネルギーモニターも同時発売する。
モニターは7型カラー液晶タッチパネル式を採用しており、表示される情報の見やすさと操作性がアップしている。
同社製給湯機器と接続した場合はガス使用量などを表示する機能も搭載、家庭の使用電力、発電、売電、買電、ガス、水道使用量やCO2削減量等を確認することができる。
また、フル充電で1.5時間連続使用可能な「充電式バッテリー」を内蔵することで、「卓上」「壁掛」だけではなく設置のポータブル性も高めている。

情報参照元:株式会社ノーリツ

その他の記事を見る

前のページに戻る