太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

ソーラーフロンティア 「PVグリーンハウス実証事業」を開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

ソーラーフロンティア株式会社(以下ソーラーフロンティア)は11月20日、福島県協力のもと、「PVグリーンハウス実証事業」を開始したことを発表した。

「PVグリーンハウス実証事業」は、グリーンハウスと呼ばれる温室の屋根を利用し、農地での農業と太陽光発電事業の両立を目指した事業で、高付加価値農業の収益に加え、太陽光発電事業からの売電収益により、収益性が高く、持続性の高い施設園芸モデルを構築することを目的としている。
また、この事業は経済産業省の「平成24年度住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業(福島実証モデル事業)」に採択されている。

今回の実証事業では、約1,300㎡のグリーンハウス屋根に50kW、計324枚のCIS薄膜太陽電池モジュールを設置し、ハウス内ではイチゴおよびトマトの栽培を行う。
委託事業が終了する2014年1月を目途に、発電事業及びモジュールの影より受けるハウス内農業の影響を検証することになっている。
なお、使用するPVグリーンハウスには、海外でPVグリーンハウスの実績を持つドイツのベレクトリック社のシステムが導入されており、カナダにあるグリーンハウス専門会社 Les Industries Harnoisや世界大手のパワコンメーカーSMA社の協力も得ている。
ソーラーフロンティアはこれまで被災地の小中学校に太陽光発電システムを無償提供するなどの活動を通じて東日本大震災の被災地支援をおこなってきた。
今回の実証事業では、東北地方の基幹産業である農業の復興のみならず、全国の農地を活用した農業に資する再生可能エネルギーモデルの開発、普及に役立つと考えている。

ソーラーフロンティアは、独自開発したCIS薄膜太陽電池モジュールや太陽光発電システムの普及を通じて、実発電量が多い特長を活かしつつ、農業など各種産業と共存する自然エネルギーの活用方法を開発していく方針だ。

情報参照元:ソーラーフロンティア株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る