太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

ソーラーフロンティア CZTS太陽電池の変換効率で12.6%達成

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

ソーラーフロンティア株式会社(以下ソーラーフロンティア)は12月10日、IBMコーポレーション、東京応化工業株式会社とのCZTS太陽電池に関する共同研究において、CZTS太陽電池セル(0.42平方センチメートル)でのエネルギー変換効率が世界記録を上回る12.6%に達した事を発表した。

測定は米国の光学機器メーカーで、外部認証機関として太陽電池の測定サービスを提供している米ニューポート社が行った。

ソーラーフロンティアは、世界最大のCIS薄膜太陽電池メーカーで、研究所である厚木リサーチセンターでは、これまでにカドミウムを含まない薄膜太陽電池のセル(約0.5cm²)として世界記録となるエネルギー変換効率19.7%のほか、30cm角CIS薄膜太陽電池サブモジュールの開口部面積でエネルギー変換効率17.8%を達成している。

前回のCZTS太陽電池における世界記録は、2012年8月にソーラーフロンティアが発表した今回同様の共同研究チームで達成した11.1%で、わずか一年での世界記録更新となる。

CZTS太陽電池は銅、亜鉛、スズ、硫黄、セレンを主成分としてつくられており、レアメタルを使用せず入手が容易かつ安価な原材料を用いている。

コスト面に優れ、量産化にも適しており、今回の記録更新は、更なる変換効率の向上や実用化に向けた技術として期待されている。

ソーラーフロンティアは、今後も経済性と環境性に優れたCIS系技術の研究、開発を進めていくとともに、高出力品の量産化を目指して取り組んでいく方針だ。

情報参照元:ソーラーフロンティア株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る