太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

パナホーム 新エネ大賞において新エネルギー財団会長賞を受賞

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

パナホーム株式会社(以下パナホーム)は12月12日、同社製品である戸建住宅「エコ・コルディス」と賃貸集合住宅「フィカーサ エコソレイユ」が、平成25年度「新エネ大賞」において「新エネルギー財団会長賞」を受賞したことを発表した。

「新エネ大賞」は、一般財団法人 新エネルギー財団(以下新エネルギー財団)が、経済産業省 資源エネルギー庁の委託を受けて実施している。
新エネルギーの一層の導入促進と普及及び啓発を図るため、新エネルギーに係る商品及び新エネルギーの導入、あるいは普及啓発活動を広く募集し、優れたものを表彰する。
同賞は、平成8年度から実施され、今回で17回目(平成22年度は休止)となる。

「エコ・コルディス」は、太陽光発電パネルそのものを屋根にした住まいで、一般的な住宅における平均的な搭載容量である4.19kWに比べ、2倍以上となる10kW以上の太陽光発電パネルの搭載ができ、賃貸集合住宅である「フィカーサ ソレイユ」には約16.6kWの太陽光発電パネルが搭載できる。

また、パナホーム独自の「家まるごと断熱」「エコナビ搭載換気システム」や、パナソニック製の「スマートHEMS」等の先進設備も採用することで、一次エネルギーの年間自給率は約290%、CO2排出量は年間約4.4t削減できる、優れた環境性能を実現している。

屋根は、最も日射量の多い南面への設置面積を最大化できる片流れ大屋根となっており、キュービックな外観がデザインの先進性を創り出している。

パナホームの試算によると、オール電化、設置方位南向き、傾斜角約14度、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」の利用による売電収入は、太陽光発電パナソニック製HIT BB、12.85kWを搭載した「エコ・コルディス」では、20年間で約1,000万円以上の収入が可能となる。
また、「フィカーサ エコソレイユ」においても、同上の条件で発電容量約16.66kWの太陽光発電パネルを搭載した場合、約1,400万円の収入となる。

今回の受賞は、「エコ・コルディス」、「フィカーサ エコソレイユ」の一次消費エネルギーを削減し、ネット・ゼロ・エネルギーを実現する環境性能と発売開始以降の順調な販売実績により新エネルギー(太陽光発電)の普及拡大に貢献しているとの評価によるものだ。

平成25年度「新エネ大賞」の表彰式は、平成26年1月29日(水)、東京ビッグサイトで開催されるエネルギーの展示会「ENEX2014」の会場で実施される。

情報参照元:パナホーム株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る