太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

パナソニック エプコと共同出資で太陽光発電発電の電力小売り事業の合併会社設立を発表

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下パナソニック)は1月21日、株式会社 エプコ(以下エプコ)と共同出資で、太陽光発電発電の電力小売り事業に関する合併会社「パナソニック・エプコエナジーサービス株式会社」を1月31日に設立する旨を発表した。
出資率はパナソニック51%、エプコ49%。

エプコは、独自開発した住宅会社と連携可能なHEMSアプリケーションや家庭向けの電力売買取引システムと電力ビックデータ処理システムの開発を行っている。
また、住宅向けの設備や太陽光発電関係の設計を年間約14万件処理し、コールセンターでは、約100万戸の顧客管理を手掛ける業務力を有している。

今回の合併会社設立は、2016年の電力小売り全面自由化を見据えてのことだ。
電力小売り全面自由化が行われるまでは、太陽光発電システムを設置している個々の住宅からの買い取り、発電量予測などエネルギーマネジメントを行う。

買い取った電力を基に、住宅会社をはじめ、様々な企業と連携しながら電力売買事業を行う。

買い取りを行う住宅へのメリットとして、固定価格買取制度の価格に上乗せした価格での買い取りや、アプリケーションを活用した省エネ支援などによる家庭の電力に関する家計改善を挙げている。

事業計画としては、関東と関西地域において実証実験を通じて事業オペレーション体制を確立し、2014年の夏季ごろから随時、地域別に一般の顧客を対象に本格展開を予定している。

情報参照元:パナソニック株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る