太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

九州電力 離島における蓄電池制御実証試験を開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

九州電力は3月13日、蓄電池を設置し、離島での太陽光発電、風力発電による周波数変動を抑制するための実証試験開始を発表した。

離島では、系統規模が九州本土と比べて小さいため、出力変動が大きい太陽光発電、風力発電が連系されると、系統周波数変動が大きくなり、系統の安定性に影響を与えやすくなるという特徴がある。

今回の実証実験は、国の補助事業「平成24年度再生可能エネルギー導入のための蓄電池制御等実証モデル事業」の採択を受け、太陽光発電、風力発電の系統連系量拡大を図るために行うもので、実証実験は長崎県の対馬、鹿児島県の種子島、奄美大島で行われる。

実証試験のために導入された蓄電システムの定格容量は、長崎県対馬の設備が1.43MWh、鹿児島県種子島の設備が1.16MWh、奄美大島の設備が0.77MWhとなっており、既に設置工事と社内検査は完了済だ。

実証試験の期間は平成25年度から平成28年度までの予定で、離島の需要規模や系統構成、再生可能エネルギーの設置状況等に応じた効果的な蓄電池制御手法と蓄電池容量等を検証することが主な試験内容となっている。

情報参照元:九州電力

その他の記事を見る

前のページに戻る