太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

三菱化学 岡山県庁で次世代太陽電池の実証実験開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

三菱化学水島事業所(以下三菱化学)は17日、岡山県の協力で岡山県庁産業労働部長室の南側窓ガラスを使用し、次世代太陽電池の実証実験を開始した。
今回の実証実験は、2015年度にシースルー型「有機薄膜太陽電池」の量産化を目指す三菱化学が、実際に使った場合の問題点などを探るため、場所の提供を依頼したもので、民間企業の実験に県庁の施設を提供するのは、岡山県として初の試みだという。

今回の実証実験で設置した太陽電池は厚さ1ミリ、縦132センチ、横48センチのシースルー型「有機薄膜太陽電池」で、岡山県庁産業労働部長室の南側窓ガラスに3枚ブラインドのように設置している。
出力は計48ワット、電力の使用用途は室内のLEDライトやモニターの稼働だ。

有機薄膜太陽電池は、シリコンを主原料にする従来型に比べて低コストで作ることができるうえ、薄いフィルム状のため、多方面での活用が期待されている。
今回の実証実験は季節ごとの発電量変化や寿命を見るためで、平成28年2月まで続ける予定となっている。

岡山県新エネルギー推進室は「最先端技術を用いた製品の実用化を支援し、水島コンビナート企業の活性化につなげたい」としている。

情報参照元:山陽新聞

その他の記事を見る

前のページに戻る