太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

パナソニック 非集光型シリコン系太陽電池セルにおいて世界最高変換効率25.6%を研究レベルで達成

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

パナソニック株式会社エコソリューションズ社(以下パナソニック)は4月10日、非集光型シリコン系太陽電池セルにおいて世界最高変換効率(4月10日現在パナソニック調べ)となる25.6%を研究レベルで達成したことを発表した。

今回使用した太陽電池セルの面積は143.7平方センチメートルで、100平方センチメートル以上の実用サイズにおいて初めて25%の壁を突破することに成功している。
また、小面積も含めたシリコン系太陽電池の変換効率の過去最高値は25.0%であるが、この過去最高値においても0.6ポイント上回っている。

今回の成果は、パナソニックの太陽光発電システム「HIT」シリーズの特長である高い変換効率と優れた高温特性を実現する現行のヘテロ接合技術をさらに進化させたことに加え、電極を裏面に集約することで太陽光をより有効活用できるバックコンタクト型を採用することで実現したものだ。

パナソニックは今後、さらなる高効率化、低コスト化、省資源化を目指した技術開発、量産化に取り組んでいく方針だ。

情報参照元:パナソニック株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る