太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池をトヨタホームがNEW「SINCE Cada(シンセ・カーダ)」に採用

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

ソーラーフロンティア株式会社(以下ソーラーフロンティア)は、同社製のCIS薄膜太陽電池がトヨタホーム株式会社(以下トヨタホーム)から新たに発売するスマートハウスNEW「SINCE Cada(シンセ・カーダ)」に採用されたことを発表した。

シンセ・カーダは2004年から発売されている高性能住宅で、同年のグッドデザイン賞を受賞している。
トヨタホームは今回、同シリーズを10年ぶりにモデルチェンジしたものを4月26日より全国で発売する。

モデルチェンジしたシンセ・カーダの特徴は、デザインだけではなく、新たに全館空調「スマート・エアーズ」、「在宅演出システム」、「リモート換気システム」などを取り入れ、洗練された美しさとともに、居住性を高めたことだ。

これらの新機能を支える太陽光発電システムに、実発電量の高さを誇るソーラーフロンティアの製品が選ばれており、発電効率はモデルチェンジ前と比べ、47%向上している。

今回ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池が選ばれた理由は、陸屋根にフラットに設置しても発電性能が低下しにくいことや、高いデザイン性がシンセ・カーダとの調和が認められたことが要因だ。

ソーラーフロンティアは今後も、住まい向けのソリューションを積極的に提供していくことで、高機能住宅市場の拡大や、再生可能エネルギーの普及に貢献していく方針だ。

情報参照元:ソーラーフロンティア株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る