太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

パナホーム 新ブランド「BlueEnergy」を発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

パナホーム株式会社(以下パナホーム)は4月23日、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)仕様をパッケージ化した「BlueEnergy」ブランドを新規に設定し、新商品として発売を開始した。

資源エネルギー庁の「エネルギー白書2013」の記述によると、近年、家庭部門のエネルギー消費は、著しく増加している。
このことから国は政策で住宅のゼロエネルギー化を推進しており、「2020年までに、一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなるZEHを、標準的な新築住宅とする」ことを掲げている。

パナホームは国の政策により目標となっている2020年より早い2018年に戸建全商品のZEH化を目指し、「BlueEnergy」の開発行った。

「BlueEnergy」は、パナホームとパナソニックグループの先進技術を生かした設備・仕様を採用した、ネット・ゼロ・エネルギーを超える優れた創エネ、省エネ、活エネ性能を実現する住まいだ。

大容量の太陽光発電システムを搭載した「BlueEnergy」(エコ・コルディス)においては、一次エネルギー収支約300%を達成し、ゼロエネを超える、より豊かなくらしを実現している。
また、「BlueEnergy」は優れた断熱性能を実現した厚さ216.5mmの壁や地熱を活用する 「エコナビ搭載換気システム」を採用することで、省エネ、活エネも行っている。

パナホームは、太陽光発電4.5kW以上搭載の「BlueEnergy」1800棟を今年度における販売目標として定めている。

情報参照元:パナホーム株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る