太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

大林組 「オフグリッド(独立)型太陽光発電外装システム」を開発

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

株式会社大林組(以下大林組)は4月25日、「オフグリッド型(独立)太陽光発電外装システム」を開発し、大林組技術研究所の新実験施設「オープンラボ-2」に設置したことを発表した。

大林組は国内外建設工事、地域開発、都市開発、海洋開発、環境整備、その他建設に関する事業、及びこれらに関するエンジニアリング、マネージメント、コンサルティング業務の受託、不動産事業等を主な事業としている。

一般的に太陽光発電は、天候に左右され不安定なため、商用電源と接続して利用するが、電力会社との事前協議が必要であることや、停電時には太陽光発電も停止するため、特長の一つである非常電源としての機能が果たせないという課題がある。
加えて、屋上や屋根だけでなく建物外装にも太陽電池を設置したいというニーズはあるが、意匠性を加味した太陽電池の導入コストは非常に高く、発電効率も低いため、商用電源に接続する利用法では十分な導入効果を得にくいのが現状になっている。
今回大林組が開発、設置した「オフグリッド(独立)型太陽光発電外装システム」は、外装カーテンウォールと一体化した発電システムだ。

一般的に建物外装への設置は屋上や屋根に比べ発電効率は低いものの、同システムでは限られた発電電力の有効活用に着目し、商用電源と接続せず、発電電力を充電コントローラーで制御しながら蓄電池に蓄電する。
蓄電した電力はロールスクリーンの駆動や、大林組が別途開発した省エネ窓システム「インターロック式換気システム」に直接利用され、省エネ技術をパッケージ化したシステムを実現する。

同システムには高発電効率および長寿命のシリコン結晶系の太陽電池を採用している。

シリコン薄膜系など他の太陽電池は形状寸法などの制約があるため、外装で用いる際に支障となる場合があるが、シリコン結晶系による合わせガラスタイプの太陽電池は、最小単位であるセルの組み合わせが自由で、建築用合わせガラスと同様に扱うことができるため、外装設計デザインに応じてリーズナブルに製作することができる。

大林組は、今後事務所ビルや商業施設などの建物外装にも太陽光発電技術や省エネシステムを積極的に提案し、低炭素社会の実現に貢献していく方針だ。

情報参照元:株式会社大林組

その他の記事を見る

前のページに戻る