太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

三井住友建設 創エネと省エネを両立する建材一体型太陽光発電システムを開発

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

三井住友建設株式会社(以下三井住友建設)は5月9日、設置した太陽光発電による創エネルギー(アクティブソーラー)技術と、自然通風と採暖による省エネルギー(パッシブソーラー)技術とを融合させた独自の建材一体型太陽光発電システムを開発し、同社施設の外壁に導入した事を発表した。

三井住友建設は昨年、曲面加工が可能なアモルファスシリコン薄膜太陽電池を用いた建材一体型太陽光発電システムを開発し、自社施設に設置している。
同社が今回開発、導入したシステムは、昨年導入したシステムの「創エネとファサードデザインとの調和」という基本コンセプトを継承しながら、「アクティブソーラーとパッシブソーラーの融合」という新たなコンセプトを加え、創エネと省エネを両立する機能を付加したものだ。

今回開発、導入したシステムは、汎用的な太陽電池モジュールとデザインパネルで構成される外装ユニットと、設置角度を調整できる太陽電池が取り付けられた可変ユニットで構成されている。

夏季には上下の可変ユニットを解放し、自然対流による通風により外装ユニット裏面の温度上昇を抑制することで発電効率を約4%向上させるとともに、外壁からの伝熱による冷房負荷のピーク値を約55%削減できる。

さらに冬季には、下段の可変ユニットのみを開放し、外装太陽電池裏面にて暖められた空気を室内に導入することで、外気取り入れにともなう暖房負荷を約48%削減できる。

また可変ユニットは外壁の最下段と最上段に設置し、太陽高度に合わせて発電量が最大になる角度に調整することが可能だ。

三井住友建設は、環境に関する中長期的な展望を明確化した「環境ビジョン“Green Challenge 2020”」を定めており、今後も「地球温暖化の防止」と「循環型社会の形成」の両立をはかる技術開発を推進していく方針だ。

情報参照元:三井住友建設株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る