太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

経済産業省 3月末時点における再生可能エネルギー発電設備導入状況を公表

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

経済産業省は6月17日、資源エネルギー庁が取りまとめた、3月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を公表した。

資源エネルギー庁が取りまとめた固定価格買取制度導入後の再生可能エネルギー発電設備導入量は、累計で約895.4万kWとなっており、前月に引き続き、太陽光発電設備の導入が順調に継続している。

太陽光発電の導入量は住宅用が約227.6万kW、非住宅用が約643.9万kWとなっており、前月の2月末時点より住宅用は約8.6万kW増加しており、非住宅用が約68.3万kW増加している。

また、平成24年7月1日より開始している「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」において、平成26年3月末までに認定した設備件数も公表しており、全体の認定設備件数は1,199,482件。

そのうち、太陽光発電の認定設備件数については、住宅用が615,798件で2月末時点より35,450件増加、非住宅用が583,224件で2月末時点より177,937件増加している。

非住宅用は1月末時点から2月末時点より認定設備件数の伸びが大きいが、これは4月以降は固定価格買取の電力買取価格が引き下げられるため、受付終了前の駆け込み申請が出た結果と考えられる。

非住宅用太陽光発電の認定設備件数が常より多く増加したことにより、実際に運転開始した設備件数との差が開き、8割近くの設備が未稼働になっている。

経済産業省は2月14日に太陽光発電設備の未稼働分について調査結果を発表しており、6月17日には発電の設備や土地を確保していなかった144件の認定を取り消したと発表している。
聴聞の結果によっては8月末までに追加で認定を取り消す方針であることも発表しているため、今後は未稼働件数の割合は減少していくと考えられる。

情報参照元:経済産業省

その他の記事を見る

前のページに戻る