太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

三菱電機 3種類の電力を混ぜて使用できるEV用パワーコンディショナを7月31日より販売開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

三菱電機株式会社(以下三菱電機)は7月1日、電気自動車と太陽光発電システム、商用の3種類の電力を混ぜて使用できる電気自動車用パワーコンディショナ「SMART V2H」4機種を製品化し、7月31日より販売を開始すると発表した。

同製品は、電気自動車、太陽光発電システム、商用の3種類の電力をモニタして、状況に応じて自動で最適制御する「電力需給制御システム」を採用することにより、世界で初めて3種類の電力を混ぜて使用することを可能とした。(7月1日現在、三菱電機調べ)
3種類の電力を最適制御して家庭内に給電することで、商用電力消費のピークシフトに貢献する。

また、電力供給停止時間(瞬時停電)なく、電気自動車の充放電が切り替えできるシームレス充放電技術と、停電の際に太陽光発電システムの通常運転ができる自立運転時太陽光発電システム連携技術を搭載しており、これにより停電時でも太陽光発電システムから家庭内への給電と電気自動車への充電、同時に電気自動車から家庭内への給電を実現している。
さらに、停電時でも最大約6kWの電力が家庭で使用できる。

この他、運転モードには、電力をできるだけ自給自足するグリーンモード、電力使用料金を抑えて、商用電力消費のピークシフトにも貢献するエコノミーモード、停電時に、太陽光発電システムと電気自動車の電力でほぼ平常時並みの電力を使用できる自立運転モードの3種類を備え、状況に応じて自動で最適制御する。

なお、余剰買取単価対応の「EVP-SS60A-Y5」とダブル発電単価対応の「EVP-SS60A-M5」は、ともに7月31日販売を開始する予定だ。

情報参照元:三菱電機株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る