太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

東芝 有機薄膜太陽電池5cm角のモジュールにおいて世界最高の変換効率9.9%を達成

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

株式会社東芝(以下東芝)は、有機薄膜太陽電池のエネルギー変換効率において、1cm角の単層セルで世界最高レベルの11.2%を、5cm角のモジュールで世界最高となる9.9%を達成したことを発表した。

有機薄膜太陽電池は、軽量かつフレキシブルで意匠性が高く、低価格で大量生産が可能なことが特徴だ。
そのため、近年、太陽光発電導入量の大幅な増加に伴い、太陽光の固定買取価格の引き下げも議論され、太陽光発電コストの低下が強く望まれている現状から注目を集めている。

その一方で、有機薄膜太陽電池はエネルギー変換効率が低く、実用化には13%を超える効率が必要とされてることから、東芝は有機薄膜太陽電池の研究開発を進めており、同社は今回の発表で本格的実用化に一歩近づいたとしている。

今回東芝が開発した有機薄膜太陽電池には、セル構造として逆構造と呼ばれる安定性に優れる構造を採用したのに加え、同社が独自開発した長波長P型材料の改良品を適用することで、セルのエネルギー変換効率の向上を実現した。

また、膜厚がナノスケールの多層膜を均一かつ高精度にパターン形成できる東芝独自の「メニスカス塗布技術」とモジュール構造の最適化を可能にするシミュレーション技術を適用している。
これにより、高いフィルファクター(太陽電池の電流電圧特性の良さを表す指標、電流電圧特性が良いと太陽電池の出力も高くなる)を示す世界最高のエネルギー変換効率のモジュールを開発することに成功した。

東芝は今後、発電コストをさらに低減するため、変換効率の向上、耐久性の向上および製造コストの低減に向けた研究開発を進めていく方針だ。

情報参照元:株式会社東芝

その他の記事を見る

前のページに戻る