太陽光発電蓄電池販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・蓄電池の優良施工店を紹介しています!

ケーピーエス 「ソーラー井戸ポンプシステム」を開発、平成27年1月10日より発売

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

ケーピーエス工業株式会社(以下ケーピーエス工業)は8月11日、家庭用井戸ポンプの分野では業界初である「ソーラー井戸ポンプシステム」を開発し、平成27年1月10日に発売すると発表した。

ケーピーエス工業は昭和31年創業以来今日まで家庭用井戸ポンプの開発、製造に携わってきた企業だ。

現在、世界には多数の無電化地域が存在しており、そこに居住している10数億人の人々に対する生活水の安定供給は、重要な課題となっている。
ソーラー井戸ポンプシステムは、コンセント不要で太陽光だけで運転可能なため、無電化地域でも使用できる自己完結システムとなっており、蓄電池には2,400Whの充電ができる。
満充電であれば11時間の連続運転ができ、4人家族の約11~12日分の給水が可能だ。
ケーピーエス工業はソーラー井戸ポンプシステムにより、無電化地域に居住している人たちの生活向上に資する事ができると考えている。
さらに、大規模災害発生時における長期、広域停電の運転により、生活地域や施設における生活水供給にも役立てることができると考えている。

同システムの仕様は、ソーラー部分の寸法が1,381mm×801mm×990mm、重量133kgで、ポンプ部分の寸法が351mm×332mm×297mm、重量が13kgとなっており、ソーラーパネルの出力は205Wとなっている。

ケーピーエス工業はソーラー井戸ポンプシステムを平成27年1月10日に発売する予定だ。

情報参照元:ケーピーエス工業株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る