太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

太陽工業 岐阜プラスチック工業と共同で「T-Light Solar」を開発、年内に販売開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

太陽工業株式会社(以下太陽工業)は9月3日、岐阜プラスチック工業株式会社(以下岐阜プラスチック工業)と共同開発したアルミ複合板を基材とした太陽電池モジュール「T-Light Solar」の製品化を発表した。

太陽工業は大型膜面構造物(テント構造物)のメーカーで、20年近く前より太陽光発電パネルを製品化し、独自の営業ネットワークを通じて販売を行っている。

「T-Light Solar」は、従来型モジュールで使用するガラスと外周フレームの補強に替わり、樹脂製ハニカム構造体「TECCELL」を基材とした超軽量、高剛性のアルミ複合板を使用した太陽電池モジュールで、従来の太陽電池モジュール(約12~15kg/平方メートル)と重量を比較した場合、約41%~53%の軽量化にあたる約7kg/平方メートルを実現している。
また、外周フレームなどによるモジュールの補強が不要であることに加え、架台などの下地鉄骨材を低減、軽量化することにより、架台などを含めた設置総重量においても業界最軽量クラスのモジュールとなっているため、スレート屋根の工場など厳しい荷重条件の建物への太陽光発電導入も行うことができる。

「T-Light Solar」に基材として使用している「TECCELL」は、岐阜プラスチック工業の製品で、「TECCELL」とアルミ板を貼り合わせたアルミ複合板の重量は、剛性スチール板の重量の1/10、アルミ板の重量の1/5となっている。

さらに、基材であるアルミ複合板の表面に多結晶シリコン太陽電池のセル42枚と透明保護フィルムを貼り合わせてモジュール化することにより、1パネル当たりの外形寸法1,300ミリ×1,000ミリ、厚み14ミリに対して、重量約9.1kgに抑制し、最大出力147wを確保している。

太陽工業は「T-Light Solar」の製品化に伴い、販売計画の立案と年内中の本格販売開始を目指すと共に、岐阜プラスチック工業と連携し、国際物流総合展2014で岐阜プラスチック工業のブースによる参考出展を皮切りに、同製品の認知度を高めていく予定だ。
また、同製品を社会に供給することで、地球環境の保全にも貢献していく考えを示している。

情報参照元:太陽工業株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る