太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

ミサワホーム 「エムスマートシティ熊谷」分譲住宅10棟が完成、街びらき

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

ミサワホーム株式会社(以下ミサワホーム)は8月27日、グループ会社のミサワホーム西関東株式会社、ウィズガーデン株式会社、株式会社ミサワホーム総合研究所と共同で進めている「エムスマートシティ熊谷」の街びらきを行った。

「エムスマートシティ熊谷」はミサワホームのスマートシティブランド「エムスマートシティ」の第1弾プロジェクトで、埼玉県の熊谷市にある1万8000平方メートルの敷地に73棟を建設するスマートタウン計画だ。
今回は建設予定である73棟のうち、分譲住宅10棟を完成させた。

「エムスマートシティ熊谷」では、全棟に太陽光発電システムを搭載している他、燃料電池やHEMS、EV充電用外部コンセントを設置し、全棟をゼロエネルギー住宅にすることを目指している。
また、「日本一暑い街」として知られる熊谷市の気候風土に配慮し、通風、排熱を促すプランニングによって室内でも涼しさを体感できる工夫を盛り込んでいる。

さらに、街区内の気象計「まちの気象台」で観測したデータから、通風効果が高まる窓開けや打ち水のタイミングを解析し、住民専用のWebサイト「まちの回覧板」に公開したり、住民向けの打ち水イベントを開催したりすることで、住民自身による環境行動も促進していく。

「エムスマートシティ熊谷」における提案は高く評価されており、熊谷市が推進する「熊谷スマートタウン整備事業」や国土交通省の「平成25年度第2回住宅・建築物省CO2先導事業」のほか、環境省が取り組んでいる「平成26年度低炭素ライフスタイルイノベーションを展開する評価手法構築事業委託業務」の採択案件にもなっている。

さらに、第1期の分譲住宅10棟は一般財団法人建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の環境共生住宅「団地供給型」認定を、一般社団法人環境共生住宅推進協議会の協力により取得している。
この認定は省エネルギー性能、耐久性、維持管理などの各項目について必要な基準を満たした上で、より高度でユニークと認められる工夫や提案がなされている住宅に与えられる。

ミサワホームは「エムスマートシティ熊谷」で得られた知見やノウハウを生かし、今後も、快適で、かつ環境に配慮した住まいづくり、まちづくりを進めていく方針だ。

情報参照元:ミサワホーム株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る