太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

みずほ銀行 「太陽光発電住宅ローン」月内に導入予定

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

みずほ銀行は9月9日、太陽光発電の売電収入を年収に合算して融資の審査を行う「太陽光発電住宅ローン」を販売する方針を固めた。
太陽光発電の売電収入を取り入れたローンは、3メガバンクの中では初めてのもので、みずほ銀行は月内にも主要な住宅メーカーと契約し、販売を始める方針だ。

2014年度に入っての新築住宅販売は、消費税増税前の駆け込み需要の反動で、前年の同時期よりも2割程度の落ち込みが続いている。
このため、メーカー各社は付加価値が高い太陽光発電付き住宅の販売に注力しており、政府も補助金制度などで普及を図っている。
みずほ銀行は、内需を喚起する経済対策にも貢献できると判断し、今回の「太陽光発電住宅ローン」を導入することにした。

新築戸建て住宅の場合、太陽光発電の設置費用は数百万円にのぼるため、住宅関連の購入費用が膨らみ、通常のローンでは審査に通りにくいケースも少なくなかった。

例えば、年収450万円の人が3000万円で戸建て住宅を新築し、最大出力14キロワットの太陽光発電を450万円で導入する場合、仮に全てを借り入れ期間35年の住宅ローンで賄うとすれば、年収に占める年間のローン返済額の割合(返済比率)は4割強となる。
返済比率が4割を超えると住宅ローン審査に合格するのは難しいとされているため、通常のローンでは、太陽光発電の設置は厳しくなる。

みずほ銀行の「太陽光発電住宅ローン」の場合、太陽光で発電した電気を電力会社に売ることで得た収入を年収に組み込めるため、このケースだと年収は490万円に増えるため、返済比率も4割を切り、審査に通りやすくなる。

みずほ銀行は今後、1~2年で新住宅ローンの販売額を1200億~2400億円程度に伸ばしたいとの考えを示した。

情報参照元:SankeiBiz

その他の記事を見る

前のページに戻る