太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

GSユアサリチウムイオン電池一体型太陽光発電用パワーコンディショナ「パワーソーラーIII」を販売開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

株式会社GSユアサは27日、災害に強く環境負荷の小さい地域づくりや、エネルギーコスト削減に最適な、リチウムイオン電池一体型の太陽光発電用パワーコンディショナの新製品「パワーソーラーⅢ」の発売開始を発売した。

2012年7月にスタートした、再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、太陽光発電システムは住宅用、産業用ともに普及が進んでいる中、現在は防災拠点などにおける自立分散型エネルギー供給体制の構築や、電力需給のピークコントロールに対する社会的関心やニーズが高まっている。

今回発表した「パワーソーラーⅢ」はリチウムイオン電池LIM50シリーズを搭載した定格容量4.5キロワットの屋外設置に対応したパワーコンディショナとなる。
平常時は深夜電力や太陽光発電システムで発電した電力を蓄電池に充電し、太陽光発電システムの発電量が少なくなった時に充電した電力を使うといった運用ができる他、非常時においても安定した電力を供給することが可能である。

「パワーソーラーⅢ」の特長として、同社独自の特許技術によって蓄電池からの逆潮流を防止しており逆流防止リレーが不要となっていること、運転モードの切り替えなどを行うタッチパネルモニターが採用されていること、三つの運転モードが選べること等が挙げられる。
これらの特長から、より容易に太陽光発電システムと蓄電システムの運用を行えるようになるという。

なお、リチウムイオン蓄電池の容量は購入時に4.2kWh、8.4kWh、12.6kWhの三段階から選択できるようになっており、販売価格もそれに応じて異っている。

同社は、これからも「パワーソーラーⅢ」をはじめ各種蓄電システムを普及させることにより、防災拠点機能の強化や再生可能エネルギーの有効活用など、多様なニーズに応えていくとしている。

情報参照元:株式会社ジーエス・ユアサコーポレーション

その他の記事を見る

前のページに戻る