太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

京セラ 国内住宅用リチウムイオン蓄電システム「マルチDCリンクタイプ」と「大容量タイプ」の製品化を発表

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

京セラ株式会社は24日、国内住宅用リチウムイオン蓄電システムの新機種として、充電効率の向上と設置スペース・コストの削減を実現した「マルチDCリンクタイプ」と12kWhの容量を備えた「大容量タイプ」の2機種を製品化し、2015年6月より順次販売を開始すると発表した。

「マルチDCリンクタイプ」は、蓄電容量7.2kWhの蓄電システムで、太陽光発電システムと蓄電システムのパワーコンディショナを一体化した製品となる。
太陽光パネルからの直流電力をそのまま充電できるようになり、これによって大幅な充電効率の向上が実現された。
また、接続箱や昇圧ユニットも内蔵されているため、トータルの設置スペース・コストを削減することが可能となる。

「大容量タイプ」は、同社従来品と同等サイズでありながら従来品比約1.7倍となる蓄電容量(12kWh)を実現した。
これは、住宅用リチウムイオン蓄電池における1ユニットの場合では、国内最大クラスとなる(同社調べ)。
どのように運用するかの設定を変えることが可能となっており、これによってライフスタイルに応じた運用ができる。

両機種とも6月以降、順次販売開始予定となっており、受注・販売は同社の太陽光発電システム国内販売会社である株式会社京セラソーラーコーポレーションが行うことになっている。

情報参照元:京セラ株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る