太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

2015年度の買取価格が決定!産業用は27円と29円、住宅用は33円と35円

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

経済産業省は19日、2015年度の再生可能エネルギー固定価格買取制度の買取価格および賦課金の決定を発表した。

設備容量が10kW以上となる、非住宅用太陽光発電設備における電力の買取価格は、期間によって二段階に設定されており、2015年4月1日から2015年6月30日は1kWhあたり29円(税抜)、7月1日以降は1kWhあたり27円(税抜)が適用され、買取期間はいずれも20年間となる。

設備容量が10kW以下となる、住宅用太陽光発電設備における電力の買取価格は、出力制御対応機器の設置義務がない地域では1kWhあたり33円、設置義務がある地域では1kWhあたり35円が適用され、買取期間は10年間となる。

現在、北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の管内においては出力制御対応機器の設置が義務付けられているが、設置を義務付けられていない場合は、仮に出力制御対応機器を設置したとしても33円が適用されるため注意が必要となる。

その他の電源については、2,000kW未満の未利用木質バイオマス発電設備による電力を除き、買取価格は2014年度から据え置きとなった。

2015年度の賦課金単価は、昨年度(0.75円)から2.1倍増となる1kWhあたり1.58円が採用された。
これは一ヶ月の電気使用量が300kWhの標準的な家庭で月額474円の負担となり、2015年5月検針分の電気料金から適用されることになっている。

情報参照元:経済産業省

その他の記事を見る

前のページに戻る