太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

ソーラーフロンティア、第4の太陽電池工場となる 「東北工場」が稼働開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

ソーラーフロンティア株式会社は2日、4ヶ所目の4番目のCIS薄膜太陽電池工場となる東北工場(宮城県黒川郡大光大衡村)が稼働を開始したと発表した。

新工場の年間生産能力は150MWで、神奈川県厚木市の厚木リサーチセンターにおける研究開発の成果を踏まえ、世界トップレベルの生産コストを実現し、モジュール性能の向上が図られている。

同社のCIS薄膜太陽電池モジュールは、実際の発電環境下で部分的な影の影響を受けにくく、高温時の出力ロスが少ない特性を持ち、結晶シリコン型モジュールに比べてより多くの発電量(kWh/kWp)を誇っている。

これらの優位性に加え、東新工場で清算される新製品は、15%以上の変換効率を目指すと同時に、電圧と電流の仕様を見直したことによりシステム設計の自由度が増したほか、ケーブルなどの配線部材の配置も工夫されているという。

新工場には、同社の海外展開に向けた技術的な礎として、海外生産体制の構築に向けたモデル工場としての役割が期待されている。
また、これからの立ち上げ期間を通して、新量産技術をオペレーションレベルで確認すると同時に、将来の生産体制に向けての新たな知見の蓄積を図っていくとしている。

情報参照元:ソーラーフロンティア株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る