太陽光発電オール電化販売施工業者検索サイトエコボルでは、全国の太陽光発電・オール電化の優良施工店を紹介しています!

北海道電力と住友電気工業による、大型蓄電システムの実証試験開始

皆様に有用な太陽光発電業界情報をお知らせします。

12月25日、北海道電力株式会社と住友電気工業株式会社は、北電南早来変電所における大型蓄電池システム(定格出力15,000kW、容量60,000kWh)の設置工事が完了し、実証実験を開始したことを発表。

今回の蓄電容量は、レドックスフロー電池としては世界最大級の規模となっている。

実証期間は3ヶ年(平成27年12月~平成31年3月)で、実証内容は風力発電や太陽光発電の出力変動に対する新たな調整力としての性能実証、及び最適な制御技術の開発等を挙げている。

今回の実証試験が成功すれば、レドックスフロー電池による電力調整の実用化が進み、再生可能エネルギーの更なる導入拡大につながることが期待されている。

情報参照元:北海道電力株式会社

その他の記事を見る

前のページに戻る